大掃除

年末に大掃除をする由来や意味とは?

年末は大掃除をするのが恒例になっているという家庭も多いですよね。

 

そもそも年末に掃除をするのは、どういう意味があるのでしょうか?

 

 

意外と知らない?大掃除の歴史

大掃除の起源は意外と古く、飛鳥時代に中国から仏教の思想と一緒に掃除という文化が伝わりました。

 

最初は宮中の貴族たちの間だけで伝わっていた掃除ですが、平安時代には庶民の間にも普及していきます。

 

大掃除とはもともと、お正月に歳神様を迎える準備の意味がありました。歳神様は初日の出とともに現れ、その年の豊作や幸福をもたらしてくれる神様です。

 

歳神様をお迎えするにあたり、家中のすすを払う「すす払い」という儀式が、のちの大掃除の原型になりました。江戸時代には12月13日に掃除をするのが一般的だったと言われています。

 

12月13日という日付には、なにか意味があるのでしょうか?旧暦のこの日は「正月事始め」といい、婚礼以外のすべての事柄が吉となる日とされていました。

 

そのため、歳神様を迎える準備も、この日に始めるのが良いとされていたんですね。江戸城のすす払いもこの日に行われていたので、庶民もそれにならう形で、自宅のすす払いを始めていました。

 

 

大掃除はいつまでにするべき?

ところで、大掃除はいつから始めて、いつまでに済ませるのが良いのでしょうか。

 

お正月の準備を始める時期は地方により異なります。たとえば関東なら12月8日、関西なら12月13日に始める家庭が多いです。年末の掃除も、お正月の準備に合わせて始めるのが良いでしょう。

 

お正月飾りの準備も含め、遅くても12月28日までに終わらせるのが良いとされています。なぜ30日や31日までに終わらせるのではいけないのでしょうか?

 

歳神様は初日の出と共に訪れる神様です。神様をお迎えする直前まで準備をするのは失礼にあたると考えられていたため、少し早めに準備を終わらせるのが一般的とされています。

 

ただし、30日は旧暦でいう「みそか」にあたり、末日と変わらないとされています。28日までに終わらせるのにはこんな理由があったんですね。

 

 

海外にも大掃除の習慣はあるの?

ちなみに、日本だけでなく海外にも、年末に掃除をする習慣や意味はあるのでしょうか?

 

中国では、元日ではなく旧暦のお正月に合わせて掃除を行います。旧暦のお正月を「春節」と呼び、大体2月14日〜16日が春節に当たります。

 

日付けこそ違いますが、お正月に合わせて大掃除をするのは、日本と同じ意味合いですね。イギリスやフランスなど、ヨーロッパの国々では春に掃除をするのが一般的です。

 

アメリカも同様で、家の中だけではなく屋根や外壁など、家の外側の補修も行います。特に冷え込みの厳しい地方や雪深い地方では、年末に合わせて掃除をするのも大変ですからね。

 

過ごしやすい春に、家族揃って掃除をするのが習慣になったのでしょう。また、欧米ではお正月よりもクリスマスを重要なイベントとするのが一般的です。

 

そのため、クリスマスの前には、いつもより念入りに掃除をする過程も多いんです。欧米のクリスマスは、遠くから親戚が訪れたり、お客様を迎えてパーティを開いたりするのも珍しくありません。

 

お客様を迎えるにあたり、失礼のないように掃除をするのは、歳神様を迎えるための大掃除の意味と通じるところがありますね。