大掃除

大掃除に最適な時期はいつ?実は年末じゃなかった!

日本人にとって、年末の大掃除は毎年の恒例行事です。

 

ところが、掃除がもっともはかどる時期は、年の瀬ではなかったんです。

 

 

年末に大掃除をする理由とは?

そもそも、なぜ年末に掃除をする習慣が、これほどまでに根付いているのでしょうか。

 

大掃除の歴史は古く、江戸時代には既にその風習が広く浸透していました。昔は初日の出と共に、その年の豊作を司る歳神様が訪れると信じられていました。

 

歳神様をお迎えするために、家の中のすすを払う「すす払い」という行事が、大掃除の原型になったと言われています。江戸時代には、すす払いは毎年12月13日に行われていましたが、それが少しずつ末日にずれ込み、現代まで伝わったんですね。

 

しかし、現代では年の瀬の慌ただしい時期に大がかりな掃除をするのは大変です。なかなか時間が取れず、掃除は後回しになってしまうという方も多いのではないでしょうか。

 

ちなみに、日本だけでなく海外にも大掃除の風習はあります。しかし、年末に掃除をするとは限りません。

 

ヨーロッパやアメリカでは、春に掃除を行うのが一般的です。家の中だけははなく、外壁や屋根の補修を行うのも、春が多いんですよ。

 

 

大掃除に最適な時期とは?

では、日本で大掃除をするのに最適な時期はいつなのでしょうか。実は、もっとも適しているのは年の瀬ではなく秋なんです。

 

秋は気候も穏やかで、換気しながらでも快適に掃除ができます。年末の掃除では、換気をすると寒くてやりにくいですよね。

 

さらに、冷え込む時期はキッチンなどにこびりついた油汚れが固まってしまい、落ちにくくなります。秋なら、まだ油汚れもそれほど固まっていませんから、冬に掃除をするよりも落としやすいんです。

 

では、逆に夏は向いていないのでしょうか?暑い季節に窓を掃除すると、ガラスについた水がすぐに乾き、あとが残ってしまいます。

 

秋なら水がすぐ蒸発してしまうこともないので、きれいに掃除できるんです。また、冷房を使わなくなった後、エアコンの掃除をしないまま冬まで持ち越してしまう・・・という方も多いのではないでしょうか。

 

できれば暖房を使い始める前に、エアコンの中に溜まったカビやダニの死骸を掃除してしまいましょう。

 

そういった理由でも、秋は掃除に最適なタイミングなんですね。

 

 

秋の大掃除がオススメな理由

秋がオススメな理由は他にもあるんですよ。

 

江戸時代と違い、現代では共働きの家庭も多く、12月の半ばからお正月の準備に専念するのは難しいですよね。夏に家中を掃除をするのは体力を使いますし、エアコンをつけずに掃除をしたら脱水症状も心配です。

 

春は秋と同じく過ごしやすい季節ですが、子供の入学や進級、仕事始めや決算などバタバタしやすい時期です。大きなイベントもなく、比較的祝日も多い秋は、時間もとりやすいし体力的にもそれほどつらくはありません。

 

また、掃除をすると当然ながら大量のごみが出ます。しかし、年末年始はゴミの回収もストップしますよね。

 

うっかりタイミングを逃すと、掃除をしたにも関わらず、家の中に大量のゴミを残したまま新年を迎える羽目になってしまいます。年末の恒例行事という感覚ではなく、本格的に家中を掃除するつもりなら、あえて年末ではなく秋に大掃除をしてみてはいかがでしょうか?