大掃除

頑固な汚れを一掃!キッチン掃除のコツ

キッチンは油汚れやコゲつきなど落としにくい汚れが多く、大掃除でも苦労しますよね。

 

そこで、大掃除の時に役立つ、キッチンをきれいにするコツを紹介します。

 

まずは大掃除の準備から!

キッチンの大掃除は、一日で終わらせるのが難しい場合もあります。キッチンの大掃除に取りかかる前に、まずはどの部分を重点的にきれいにするのか決めておきましょう。

 

排水溝やシンク周りは、日常的にお手入れができます。大掃除の時には、換気扇やガスレンジなど集中的にお手入れするのが難しい場所をきれいにしたいですね。

 

洗剤を使うのも良いですが、キッチンの汚れを集中的に落とそうとすると、大量の洗剤が必要になります。そこでおすすめなのが重曹です。

 

掃除用の重曹は、ドラッグストアなどで安価で購入できますよ。いらない布や紙なども、あらかじめ用意しておくと役立ちます。

 

大掃除に使うスポンジは新品はおろさず、使い古したもので十分です。古い歯ブラシやたわしの他にも、こびりついた汚れをかき落とすためのヘラも用意しておきましょう。

 

換気扇のフィルターをお掃除する時には、大きめのゴミ袋も用意しておいてください。換気扇は構造によっては、お掃除する時に分解する必要があるので、ドライバーも手の届く所に出しておきます。

 

 

換気扇の汚れはどう落とす?

換気扇やレンジフードを掃除する時には、安全のためにスイッチを切り、プラグも抜いておきましょう。油汚れの掃除は重曹が便利ですが、アルミ製のフィルターやシロッコファンに重曹を使うと、変色や腐食のおそれがあるので注意しましょう。

 

アルミ製のパーツには、中性洗剤を使ってくださいね。まずは換気扇のフィルターを外します。

 

日頃からこまめに掃除している場合やそれほど汚れていない場合は、重曹をそのまま振りかけて歯ブラシで汚れを軽く落とすだけで大丈夫です。フィルターの目に汚れがこびりついている場合は、水でペースト状にといた重曹をフィルター全体にしっかりと塗り込みます。

 

フィルターはゴミ袋に入れてしばらく放置します。その間に他のパーツや換気扇まわりも掃除しておきましょう。油汚れが溶け出し、ペーストが茶色くなってきたら袋から取り出し、フィルターの目につまった汚れをブラシで掻き出します。

 

重曹を水でよく洗い流し、布や紙で水分を拭き取ったら、よく乾燥させてください。汚れが落ちにくい場合は、重曹のペーストに洗剤を混ぜると、汚れを落としやすくなりますよ。

 

 

油汚れやコゲつきの簡単な落とし方

ガスレンジの五徳や魚焼きグリル、魚焼き用の網を掃除する時にも重曹が便利ですよ。

 

100ccの熱湯に小さじ一杯の重曹を溶かし、五徳や魚焼き用の網など、汚れの気になるパーツをしばらく漬け置きます。なかなか汚れが浮いてこない時には、大き目の鍋に五徳や網を入れ、10〜20分ほど煮立たせれば汚れが落としやすくなりますよ。

 

汚れが浮いて来たら、たわしやブラシでこすり洗いした後、水でよく洗い流してください。魚焼き用グリルの受け皿には、粉末の重曹をそのまま振りかけて油を吸わせます。汚れを吸った重曹は、洗い流す前にキッチンペーパーや布でよく拭ってくださいね。

 

もう一度粉末を振りかけたら、濡らしたスポンジでこすり洗いをした後、仕上げに水で洗い流します。重曹はキッチンの大掃除だけでなく、普段の掃除でも活躍するので、ぜひストックしておいてくださいね。