大掃除

年末のお掃除を一日で終わらせるコツとは?

年末の恒例行事ともいえる大掃除。

 

コツさえわかれば、一日で終わらせることもできるんですよ。忙しい年末でも、時間をかけずにきれいにする方法を紹介します。

 

掃除する順番を決めよう!

みなさんは大掃除をする時、いつもどの部屋から始めていますか?何となく汚れが気になる場所から始めているという方も多いかもしれませんね。

 

大掃除を一日で終わらせるコツは、重点的に掃除する場所をあらかじめ決めてしまうことです。家のすみずみまでやろうとすると一日で終わらせるのはどうしても難しくなってしまいます。

 

リビングやトイレなど、普段じからこまめにお掃除している場所はあえて外して、キッチンやベランダなど、いつもはあまり掃除しないところを徹底的に掃除するのが、一つめのコツです。また、普段掃除をしないところでも、あまり汚れていないようなら、時間をかけずにさらっと済ませるのも大事なコツです。

 

たとえばキッチンなら床やシンク周りではなく、換気扇やコンロまわりを時間をかけて掃除します。また、効率よく掃除をするなら、掃除をする順番を決めるのもコツですよ。

 

家の奥から始めて、だんだんと玄関に近付いていくような流れを作るとスムースに進められます。また、床をきれいにした後で、カーテンレールや照明の掃除をして、ホコリが落ちてきてしまってはあまり意味がありませんよね。

 

高いところから低いところへ、上から下へと掃除するように心がけるのが、効率の良い掃除のコツです。

 

 

道具を準備しよう!

掃除を始めてから、必要なものを取りに行ったりしまったりするのは効率が悪いですよね。本格的に大掃除を始める前に、必要な道具をあらかじめ準備しておくのも、大掃除のコツですよ。

 

大掃除の時に最低限揃えておきたい道具を紹介します。

 

  • マスク

    ほこりを吸いこんだり、顔に汚れがついたりするのを防いでくれます。

  • タオルやバンダナ

    頭が汚れるのを防ぐのはもちろん、髪が落ちてこないよう止めたり、汗を吸収する役目もあります。

  • 手袋

    水や洗剤に触れて、手荒れするのを防いでくれます。

  • バケツ

    あらかじめ水を汲んでおけば、汚れた布やブラシをすぐに洗えます。

  • 雑巾

    大掃除のために新しいタオルやスポンジをおろす必要はありません。使い古したタオルやTシャツのはぎれをたくさん用意しておくと便利です。古い歯ブラシなども、ブラシの代わりとして使えますよ。

  • 新聞紙

    照明のカバーや、エアコンや換気扇のフィルターを乾かしておく時に便利です。油汚れや洗剤を拭き取る時にも使えますよ。

 

こんな道具があると便利!

基本的な道具な他にも、こんな道具があると、掃除がぐっとはかどります。

 

  • メラミンスポンジ

    洗剤がなくても汚れを落とせる便利なスポンジです。ドラッグストアや100円ショップで購入できます。

  • マイクロファイバータオル

    繊維が細かく、やわらかいので鏡や窓ガラスを傷つけずに仕上げ拭きができます。高い吸水性をもち、水だけでなくホコリや油汚れも吸ってくれるので、いろいろな場面で役に立ちますよ。

  • ドライバー

    換気扇のフードを外す時、ドライバーがないと外れないタイプのものがあります。掃除の最中にねじが緩んでいるところを見つけた時にも、さっと締め直せるのですぐ取り出せる所に置いておきたいですね。

  • 重曹

    いつもより広い範囲を掃除するとなると、それだけ多くの洗剤を使うことになります。ただし、あまり大量の洗剤を使うのは、経済的にもよくありません。
    そこで活躍するのが重曹です。特に油汚れやコゲ付きを掃除する時には、重曹があると便利ですよ。食用と掃除用の重曹がありますが、掃除用の重曹はスーパーやドラッグストアで購入できます。