大掃除

1日でできる!効率的な大掃除のやり方

大掃除,やり方,キッチン,グッズ,年末,コツ

皆さんは年末の大掃除に、どのくらい時間をかけていますか?

 

数日がかりで掃除をしているという方もいるかもしれませんね。大掃除はやり方次第で、一日で終わらせることもできるんです。

 

【お正月コラム:お正月といえば・・・】
おせちはどうしてますか?豪華だけどお手軽でリーズナブルなお値段で味わえると通販おせちの人気が年々高まっています。でも・・・おすすめは?選び方は?そもそもどういうもの?などなど分からないことも多くて不安もありますよね。そんなおせち情報まとめならコチラ。私も利用してます^^

>>おせち 早割り お得!【匠本舗】ランキング!


年末に大掃除をする意味とは?

そもそも、なぜ年末に掃除をする風習があるのかご存知ですか?かつて日本では、初日の出とともに歳神様がやって来ると信じられてきました。歳神様とは豊作や幸福をもたらしてくれる神様です。

 

門松や鏡餅などのお正月飾りは、もともと歳神様を家にお迎えするために飾られていたものなんです。でも、飾りがどれだけ立派でも掃除をしていない家に神様をお迎えするのは失礼ですよね。

 

そこで、歳神様を気持ちよくお迎えするために、12月13日に家中のすすを払う「すす払い」という儀式が行われました。この行事が、大掃除の原型になったと言われています。

 

すす払いは、江戸時代には庶民の間でも広く行われていました。大掃除の歴史は意外に長いんですね。ただし、現代では12月の中頃から大掃除をする家庭は、そう多くありません。

 

年末はお正月の準備や仕事納めで忙しい時期です。江戸時代とは違い、共働きの家庭も珍しくありません。

 

多くの家庭では12月の末に一気に掃除を終わらせてしまうのが普通ではないでしょうか。

大掃除は計画的に!

大掃除,やり方,キッチン,グッズ,年末,コツ

年末の忙しい時期に、何日もかけて大掃除はしたくない・・・。そう考えている方も多いのではないでしょうか。

 

今年は大掃除のやり方を工夫して、一日で終わらせてみませんか?まずは大掃除をする日を先に決めてしまいましょう。

 

「大体この時期に」と大雑把に決めるよりも、「この日に終わらせる!」とピンポイントに日にちを決めてしまったほうが、モチベーションも上がります。また、大掃除を始める前に掃除する場所を決めるのも効率的なやり方です。

 

家中をすみずみまで掃除しようとしたら、一日では終わりません。リビングやトイレなど、普段からこまめに掃除をしている場所はあえて外してください。

 

代わりに、キッチンやリビングなど普段掃除しない場所や、汚れが溜まりやすい場所を重点的に掃除しましょう。掃除をする順番も決めておくとスムーズに進みますよ。

 

何となく目についた部屋から始めるやり方ではなく、玄関から一番遠い部屋から始めて、最後に玄関に近い場所を掃除します。また、掃除は上から下へ、高い所から低い所へという順番に片づけるやり方が基本です。

 

床を掃除したあとで、高い所からホコリを落とすやり方では、せっかく綺麗にした床が台無しになってしまいますよね。


不用品の整理はお早めに

やり方を決めたら、大掃除を始める前にまずは家中の不用品を処分しましょう。

 

不用品の整理と大掃除を同時進行するやり方では最後まで終わらないうえに、体力も消耗します。できれば11月の末から12月の頭くらいには、整理しておきたいですね。

 

先に不用品を処分するやり方なら、大掃除の当日は掃除に専念できます。後からこまごまとした不用品が出てきても、このやり方なら処分するのは簡単です。さらに、年末年始はゴミの回収もストップしてしまいます。

 

うっかり最後の回収日を逃してしまうと、掃除をしたのに結局ゴミを残したまま年を越す・・・ということになりかねません。年末に大掃除をする場合は、年内最後の回収日がいつなのかも、しっかりチェックしておきましょう。

 

特に家具など、粗大ごみを処分しようと考えている方は、年末まで残さずに早めに処分してしまいましょう。

 

なお、リサイクルセンターも年末は繁忙期です。ぎりぎりに連絡しても、店側のスケジュールが合わず、回収は来年まで持ち越しという事態も考えられます。

 

気持ちよく年を越すためにも、不用品の処分は早めに済ませてくださいね。

あると便利!用意しておきたい道具

掃除を始める前に、必要な道具も揃えておきましょう。掃除を始めてから道具を探すのでは効率が悪いので、あらかじめ手の届く範囲に出しておいてくださいね。

 

  • マスク

    ほこりを吸い込まないよう、マスクをつけておくと安心です。また、洗剤や汚れが顔につくのを防ぐ役目もあります。

  • タオルや三角巾、バンダナ

    頭に巻いておけば、ほこりや汚れがつくのを防いでくれます。髪の毛が落ちたり、汗が垂れてくるのが気になる人にもおすすめです。

  • 使い捨てのビニール手袋やゴム手袋

    手荒れを防ぐためにもつけておくと安心です。特に洗剤には素手で触ると危険なものもありますので、かならず手袋をしましょう。

  • 雑巾

    新しいタオルやスポンジをおろすのはもったいないので、代わりに古いタオルやTシャツのはぎれをたくさん用意しておきましょう。

  • 使い古した歯ブラシ

    狭い隙間や細かいみぞを掃除する時に便利です。

  • 新聞紙

    油汚れや洗剤を拭いたり、照明のカバーや換気扇を乾かす時に敷いたり、いろいろな用途があります。

  • ドライバー

    換気扇によっては、ドライバーを使わないとフードが外れないタイプのものもあります。すぐに取り出せる所にあると便利です。

大掃除には重曹が大活躍!

大掃除,やり方,キッチン,グッズ,年末,コツ

広い範囲を掃除するには、それだけたくさんの洗剤が必要です。でも、大量の洗剤を使うやり方ではコスパが悪いですよね。コストを抑えながら、汚れも落とせるやり方はないのでしょうか?

 

そこでおすすめなのが、掃除用の重曹です。重曹は壁やフローリング、照明器具などいろいろな場所のお掃除に使えます。さらに換気扇やコンロの頑固な汚れまで落とせるんです。

 

重曹は粉末のままでも使えますが、特に汚れがひどい所を掃除する時には重曹ペーストを作っておきましょう。

 

重曹ペーストは、重曹と水を3:1の割合で混ぜるだけで完成します。さらに洗剤を少量混ぜておくとより洗浄力が上がります。

 

ただし、重曹はアルミに使うと変色や腐食の原因になります。特に換気扇のファンやフィルターを掃除する時には、材質をよく確認してください。アルミでできているパーツのお掃除には、中性洗剤を使ってくださいね。


どうしても取れない油汚れには?

重曹や洗剤でもとれないほど頑固な油汚れには、どのように対処したら良いのでしょうか。

 

まずはこびりついた油汚れを、ヘラやたわし、固い厚紙などで削り落とします。このひと手間で、かなり汚れが落ちやすくなります。

 

重曹では洗浄力が足りないと感じた時にはセスキ炭酸ソーダがおすすめです。水に溶けやすいので、五徳や魚焼きグリルを漬けおき洗いしたり、スプレー容器に入れて汚れに直接吹きかけたりできますよ。

 

ただし、セスキ炭酸ソーダは強いアルカリ性なので、素手で触ると手荒れしてしまいます。使う時にはかならずゴム手袋をつけてくださいね。

 

それでも取れない汚れには、灯油や食用油を使うという方法もあります。汚れの気になる部分に油を直接塗り、30分ほど放置します。

 

寒い場所に置いておくと油が固まってしまうのでなるべく温かい場所に置いてくださいね。汚れが浮いて来たらいらない布や新聞紙で油を吸い取った後、台所用洗剤を使って洗い流します。

 

気になる汚れをすっきり洗い流して気持ちよく新年を迎えましょう。